商品カタログ

商品情報 | 親綱関連資材折板屋根親綱支柱システム

  • リース
  • 販売
特長
  • 安全帯取り付け設備としての性能と強度を有します。
  • 支柱に単管パイプをつけると、手すり柱としての使用も可能です。
  • 折板屋根への取り付けはインパクトレンチで簡単に固定できます。
  • ベースと支柱が分割でき、コンパクトに収納できます。

外形図

金属折板屋根材の条件

1. 馳(ハゼ)締めタイプ
◯馳(ハゼ)ピッチ 400 mm、450 mm、500 mm、550 mm、600 mm
◯板厚 0.6 mm~1.2 mm
2. 当製品を配置する金属折板屋根材の強度については、当社責任の範囲外となります。
強度確認の上、ご使用下さい。
※参考値 - ハゼ金属 1 か所当たり引張許容荷重 250kg
I.親綱システムの使用基準

屋根材の先端部(切断箇所)が鋭利なため万が一落下した場合、親綱が切れる危険性があるため、親綱が先端部に接触できない距離(A)を設定しております。

  1. 支柱の取付スパン(L)と軒先及びケラバの各々の端部から距離(A)を(表1)に示します。
  2. 親綱システムは 1 スパン 1 人のみ使用出来ます。
  3. 安全帯のランヤードは、織ロープ式とし、安全性の確認されたものを用いて、長さを 1.7m以内のものをご使用下さい。
  4. 親綱(ポリエステル製)の外径は 16mm以上のものをご使用下さい。(仮設工業会認定品)
  5. 親綱に緊張を与えるために親綱緊張器をご使用下さい。(仮設工業会認定品)
  6. 屋根傾斜は 10%を限度とします。
II.防護工(第2種)用支柱の使用基準
  1. 手摺支柱の間隔(スパン)は 2m以内とします。
  2. 手すり(上さん)及び中さんは単管パイプ(φ48.6)を使用してください。
  3. 屋根傾斜は 10%を限度とします。
●禁止事項●
  1. キズ、へこみ及び赤さびによる腐食等、強度の劣化が見込まれる金属折板屋根材には、設置する事はできません。
  2. 馳(ハゼ)締め加工が終了していない屋根材には使用できません。
  3. 支柱の上部フックに直接安全帯のフックを取付けることは出来ません。親綱ロープに取付けて下さい。
  4. 転落等で一度衝撃を受けたシステム部材の再使用は出来ませんので廃棄して下さい。
●使用前点検事項●
  1. 馳(ハゼ)締め加工は完了しているか。
  2. 支柱のスパン及び端部からの距離は、使用基準の(表1)を満たしているか。
  3. 馳(ハゼ)金具のボルトナットにゆるみはないか。
  4. 親綱ロープは緊張されているか。
  5. 緊張器は緊張した後、ゆるまない機能を備えているか。
●使用後点検事項●
  1. 馳(ハゼ)金具のボルトナットをゆるみなく本体に固定しているか。
PDFカタログダウンロード

ページ先頭へ